乳酸菌とは

乳酸菌などの細菌類は、人類が生まれるはるか昔、約35億年も前から地球上に存在しています。

 

そして、初めて乳酸菌を発見したのは、17世紀から18世紀に自作の顕微鏡で微生物の観察をしていたオランダのレーウェンフックと言われています。

 

19世紀に入り、乳酸の発酵について本格的な調査をし、発酵や腐敗の仕組みについて、フランスの科学者パスツールが解明しました。

 

パスツールは現在においても「微生物学の祖」と呼ばれていて、教科書などで名前を聞いた覚えがある人もいるかと思います。

 

パスツールは、発酵や腐敗が微生物の働きによるものであることを解明し、微生物も他の生物と同じように増えたり死んだりすることを科学的に証明したのです。

 

後に、乳酸菌が体に有用なものであることを発見したイリア・メチニコフはパスツール研究所で研究をしており、ノーベル賞も受賞しています。

 

乳酸菌とは

「乳酸菌」とは、乳糖やブドウ糖を栄養として増殖し、
その過程で「乳酸」という物質を作りだす菌の総称です。

 

乳酸菌には様々な種類があり、人間の腸内に存在するもののほか、
自然界にもたくさんの種類が存在しています。

 

そして、乳酸菌は、様々な食品にも活用され、
乳酸菌飲料、チーズ、バターなどのほか、ぬか漬けやキムチなど、
私たちの食生活にも活かされています。

 

ちなみに、よく「運動をすると乳酸がたまって疲れる」という言葉を聞くと思いますが、
この「乳酸」と「乳酸菌」は全く別のものです。

 

運動をしたときにたまる「乳酸」は運動においてエネルギー源が分解されるときに発生し、体内に老廃物としてたまっていくものをいいます。

 

 

乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌とビフィズス菌は、腸内にある善玉菌として、
同じものだと認識されがちですが、実は別のものなのです。

 

まず、菌の形状が違います。
乳酸菌は、棒状や球状をしていますが、ビフィズス菌は先端が二股に分かれ、
アルファベットのYの字のような形をしています。

 

そして、双方とも糖質を分解しますが、その際に作り出すものが違ってきます。

 

乳酸菌は、消費するブドウ糖100に対し、乳酸を5割以上作りだしますが、
ビフィズス菌は乳酸は5割以下で、それ以外に酢酸を作りだすのです。

 

 

さらに住んでいる場所にも違いがあり、ビフィズス菌は大腸にのみ存在します。

 

それは、ビフィズス菌は酸素があると生きられないため、酸素がある小腸には住むことができず、酸素のない大腸にしか存在しないのです。

 

乳酸菌は体内のあちこちに存在することができ、発酵食品などでも生きていくことができますが、ビフィズス菌はそれができないという点でも大きな違いがあります。

 

乳酸菌ってよく聞くけどいったい何者?記事一覧

「乳酸菌」というとチーズやヨーグルトをはじめとする乳製品だけに含まれている印象があると思います。しかし、乳酸菌は乳製品以外にもたくさんの食べ物に含まれているのです。実は、「乳酸菌」には「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」があります。乳製品などに含まれる乳酸菌を「動物性乳酸菌」、植物性の発酵食品に含まれる乳酸菌を「植物性乳酸菌」といいます。動物性と植物性の違いは、元々その乳酸菌が住んでいた場所の違いで...

テレビコマーシャルなどで「生きて腸に届く乳酸菌」といううたい文句をよく聞きますよね。生きて届くことが商品の特徴として挙げられるのなら、生きて届くことがすばらしいこと、体によいこと、ということなのでしょうか?そして、生きて腸に届く乳酸菌だけじゃないということは、腸に到達する前に死んでしまう乳酸菌もいるということになりますが、死んでしまうと役には全くたたないということなのでしょうか?生きて腸に届く乳酸...

ひとことで「乳酸菌」と言っても、「乳酸菌」という菌は1つではありません。乳酸菌はあくまで総称であり、役割や効果も違うものが非常にたくさん存在しています。よく耳にする乳酸菌の名前とその概要を少し紹介したいと思います。@ r-1乳酸菌r-1乳酸菌は正式名称を「1073R-1乳酸菌」と言います。ブルガリア菌という乳酸菌のうちの1つです。このr-1乳酸菌は、免疫力を高めてくれる効果が高いため、風邪やインフ...